戸建て建てるコツ|一生に一度の買い物だからこそ

ベッドタウンで栄えた都市

説明

住宅街が多く賃貸も豊富

神奈川県のほぼ中央に位置する大和市は、南北に長く伸びる都市で、特例市に指定されています。平坦な土地柄から通年を通して温暖な気候で過ごしやすいとされ、商業施設や福祉施設が豊富、交通機関もしっかり整備されていることから利便性も十分整っています。そのため、一度でも大和市に住むと、その快適さから移住する人が少ないと言われています。人口密度は高く駅周辺は発展していることから物価が高い傾向にありますが、住む地域によっては困ることもありません。一部の地域では昭和の色を残した下町的な赴きの強いところもあり、人によって好みが分かれることもあります。住宅への需要が増すことで宅地化が増えた地域も多く、アパートやマンションより戸建てが目立つのが大和市の特徴と言えます。東京または横浜の通勤圏内であり、昔からベッドタウンとして栄えてきたことから、戸建ての物件が多く、それに準じた賃貸も多いようです。高級住宅街となる一部の地域もありますが、基本的に普通の戸建てが多いので賃料を気にするほどのものはないでしょう。大和市の戸建ての家賃相場は間取りにもよりますが8〜13万円ほど、特に高いということもないので、マンションなどを検討するよりも良いかもしれません。交通の利便性や商業施設の充実化、都心を離れた生活に向いているという点で過密化が進み、かなりの人口密集地でありながら公園や運動施設も多く、自然が豊かな地域としても知られています。